2013年4月アーカイブ

paulsguitar_2013.jpg

Paul's Guitar」が2013年のNEWモデルで最も気になった人は多いのではないでしょうか??

「俺のギター!」と言わんばかりのネーミング(笑)
それだけにポールの肝入りのギターと言う事でPRSとしても一番プッシュしているギターなのです。

本機は様々な特徴を持っているのですが、本機のみに採用している「Stoptail with Brass Inserts」に着目してみようかと思います。


Experience PRS in Japan 2012の際にポールが持ってきた「Paul's Guitar」のプロトタイプにこのブリッジが付いてあり
「おお!マニアックな仕様変更!」と興味をそそられました。

このブリッジに私以外に興味を持ったのが出演者の住友俊洋さんでした。
Experience PRS in Japanの打ち上げ際にポールに直談判してこのブリッジをもらう約束をしたのですが、
待てども待てどもやってこない・・・・・。


「社交辞令的としてOKしたなポール!!!」

と思ってたら先日遂にやってきました。(ごめんねポール・・・・)

BRG1.jpg
各弦の溝に金色に見える部分がBrassとなります。


BRG3.jpg
ここ数年弦のあたる部分のメッキをはがしたり、ブラスにしたりと、
まさにTone Questしている訳ですが、まさかストップテイルまで仕様変更するとは思いませんでした。


住友さんに即効送り現在使用しているMC58に搭載してインプレッションしてもらいました。
「ミドルのコーっていう部分が出てきて、かつ、1、2弦の軽さも無くなり音に厚みが出てきました!」

流石です!!

仕様変更による音の違いを早速体験していただいたようです!

現状では「Paul's Guitar」のみに搭載しているこのブリッジ。

侮れませんね~。

Paul’s Guitar近々入荷の予定です!









| 1 |
検索