入荷情報の最近のブログ記事

かねてから要望の多かったFLOYD ROSE搭載のCUSTOMがSEシリーズより発売となります!

VS.jpg

先ずはVintage SunburstとAmethystの発売となります。

感の鋭い方は

「何で先ずはなの?」

「2色しかないはずなのに・・・」

とお思いかもしれませんね。


皆さんの「こんな色あったら良いのに!」という要望にお応えして
KID限定色も今後展開していく予定です!
(色も入荷日も未定ですが・・・汗)


発売日は今週の4月12日(土曜日)となります。

是非お近くの販売店へ足を運んでください!!
(初回入荷分は少ないので売れてたらごめんなさい)




早いもので気づいたらもう12月ですよ!

歳をとったら月日が経つのが早くなるとよく聞きますが、本当に日々早くなった気がして自身の老いを実感しております・・・。

昨年もBlogで紹介しましたが今年もこの季節になると必ず登場するこちらを今回もご紹介いたします!!


IMG_4017.jpg

2014年度Private Stock Calender!!!!!


↓こんなのとか
IMG_4018.jpg

↓こんなのとか
IMG_4021.jpg


↓何プライ????
IMG_4019.jpg 


↓WOW!
IMG_4023.jpg


全部はお見せできませんが、実は今年のPrivate Stockカレンダーのうち、
7本が日本からのオーダーとなります!!

毎年12枠しかない中で7本ものギターが掲載されたという事は、
それだけ日本のお客様のセンスが素晴らしいという証拠ではないでしょうか。

明日よりお店に並ぶと思いますので、是非ともお買い求めくださいませ!!
*枚数限定での販売となります*















\m/ 

台風関東直撃!とNewsで煽ってましたが、なんだか拍子抜けの朝を迎えた気がしてなりません・・・・。



さて、PRS好きならずーっと気になっていた商品があると思います。



これですこれ





metal_pickups.jpg





何もアナウンス無しに急にホームページにアップされた謎のピックアップ・・・。

しかもこれまた謎の \m/ マークが。





6月にPRS工場に行った際に現地でホームページ見てたら発見し、



ポールに



「何これ?聞いてないんだけど???」



と問いただしたら一言





「Metal!!!!!」



とだけ言って去って行きました。  
(そ、それだけかいっ!?)



そのサウンド、スペックに皆さんどんな音するんだろう~と思っているとは思いますが

それ以上に気になる謎のマーク







\m/







Metal sign.JPG







!?




ということで\m/マークの謎を解明してみました(笑)

で、スペックですが声を大にしてお伝えする事は出来ないのですが
6月に渡米した際に極秘資料を盗み見してきました!


「とある2種のピックアップがベースとなっており・・・・、それのマグネットを変更して・・・・」

とこれ以上は企業秘密で詳細はお伝えできませんがPRSとしては異端?のメタルピックアップ。

今月発売開始です!








 

paulsguitar_2013.jpg

Paul's Guitar」が2013年のNEWモデルで最も気になった人は多いのではないでしょうか??

「俺のギター!」と言わんばかりのネーミング(笑)
それだけにポールの肝入りのギターと言う事でPRSとしても一番プッシュしているギターなのです。

本機は様々な特徴を持っているのですが、本機のみに採用している「Stoptail with Brass Inserts」に着目してみようかと思います。


Experience PRS in Japan 2012の際にポールが持ってきた「Paul's Guitar」のプロトタイプにこのブリッジが付いてあり
「おお!マニアックな仕様変更!」と興味をそそられました。

このブリッジに私以外に興味を持ったのが出演者の住友俊洋さんでした。
Experience PRS in Japanの打ち上げ際にポールに直談判してこのブリッジをもらう約束をしたのですが、
待てども待てどもやってこない・・・・・。


「社交辞令的としてOKしたなポール!!!」

と思ってたら先日遂にやってきました。(ごめんねポール・・・・)

BRG1.jpg
各弦の溝に金色に見える部分がBrassとなります。


BRG3.jpg
ここ数年弦のあたる部分のメッキをはがしたり、ブラスにしたりと、
まさにTone Questしている訳ですが、まさかストップテイルまで仕様変更するとは思いませんでした。


住友さんに即効送り現在使用しているMC58に搭載してインプレッションしてもらいました。
「ミドルのコーっていう部分が出てきて、かつ、1、2弦の軽さも無くなり音に厚みが出てきました!」

流石です!!

仕様変更による音の違いを早速体験していただいたようです!

現状では「Paul's Guitar」のみに搭載しているこのブリッジ。

侮れませんね~。

Paul’s Guitar近々入荷の予定です!









その1につづきましてこんどはARTIST MODELを紹介させていただきます。

まずはこの方のモデル!

「Brent Mason」
Brent Mason.jpg
日本ではあまり知られていませんが、本国アメリカでは絶大な支持を誇るマルチプレイヤー。
ジャンルレスのリックはとにかく驚愕です(Youtube等で見てみてくださいね)

本人はミニハムを搭載した3ピックアップのテレキャス等も使用していますが、本機はその流れを受けたモデルとなっています。
本機の為だけに制作された「Specialy  Wound 408 」がフロントとリアに搭載され、さらにはセンターに305ピックアップが搭載され、
サウンドメイキングも多彩となります。さしずめ513の進化系の様ですね。


続いてはNeal ShonのNew Signature Model!

「NS-14」
NS-14.jpg
待望のNeal ShonのSignature Modelです。
シングルカットをベースにコアラインでは初のFloyd Roseが標準搭載です!
Neck ShapeもNeal Shonの為に採寸され、ヒールもおそらくカットされたモデルとなります。

ちなみに大胆にもNeal Schonモデルはもう1本あります!

「NS-15」
NS-15.jpg
JA-15を元に制作された本機もNeal Schonのモデルとなります。
1アーティストで2機種もSignature Modelが発売されるのは初ではないでしょうか。
Neal Schonがポールに絶大なる信頼を寄せるのも頷けます。
今年の来日時には両機種を持った姿が見られるのではないでしょうか!?
それにしてもHollowbodyにFloyd Roseって・・・。



最後はこの2機種!

「Gary Grainger Bass」
GG4.jpg

GG5.jpg
どれくらいぶりでしょうか。ようやくコアラインでBASSが復活となりました!
しかもGG BASSですよ!
Praivate Stockでしかラインナップが無かったので待ち望んでた方も多かったのではないでしょうか??
ここだけの話CUSTOM24と同じくらいの価格との情報が・・・・。

と2回に分けてお伝えしましたが、2013年も飛ばしてきますね!
流石PRSといった感じです。

今年も期待値大のPRSを宜しくお願い致します!!!!



| 1  2 |
検索