< inside PRSへ戻る
 

PRSのギターのサウンドはネックとボディが切られた瞬間から生まれています。そして指板のどの位置にあなたの指があろうと、均等なトーンで、全ての要素がひとつとなってサウンドを紡ぎ出します。

PRSのギターとなる全ての木材は丹念に選択され丁寧に扱われています。そして経験あるPRSの職人が強度や安定性や木目にいたるまでチェックします。高度に曲げられたメイプルからローズウッドの指板にいたるまで、すべてのPRSの木は私達が特別に作った窯によってその奥まで乾燥されます。その後リッチで暖かいサウンドを得られるまでネックとボディは丁寧に組まれていきます。