PRS Guitars

© KORG Import Division. All rights reserved.

  • Grey Twitter Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey YouTube Icon
  • Grey Instagram Icon

2019 SEシグネイチャー・モデルが3機種登場!

2019/02/06

 

 

2019年に登場する新しいSEシグネイチャー・モデルを3機種を紹介します。

 

 

SE SCHIZOID

 

2019年、伝説の英国プログレッシブ・ロック・バンド、キング・クリムゾンが結成50周年をむかえます。これを記念し、クリムゾンのリード・シンガーでギタリストのジャコ・ジャクジグのシグネイチャー・ギターを製作しました。最大1,000本のSE SHIZOIDを販売いたします。このギターには、クリムゾンのアルバム「クリムゾン・キングの宮殿」の有名なアート・ワークをボディ塗装に施しました。

ジャコ・ジャクジグのストーリーはまるでロックンロールの夢物語のようです。

 「11歳のとき、近所の人がキング・クリムゾンの“21世紀のスキッツォイド・マン”という曲を弾いてくれたんだ。それで頭を吹っ飛ばされたよ。すぐに大好きなバンドになった。1年後にライブを観に行って、自分の感覚がさらに破壊された。その夜、音楽で生きていこうと誓ったんだ。その何年も後に、自分自身が実際にそのバンドにいて、まさにその曲を歌い、プレイしているだなんてまったく想像もしていなかった」

‐ジャコ・ジャクジグ(キング・クリムゾン)

 ロバート・フリップがジャコをクリムゾン加入に誘った数年後、ジャコは新しいギターが必要だと考えました。彼は“スキッツォイド・マン”のアート・ワークで塗装されたPRS Custom24 Piezoを選びました。ジャコはこう話しています。「ヴィンテージ・ギターを何本も所有して好きになるほど、ライブでは常に新しい弾き方をしようとする、もっと正確に。PRSならどちらの世界でもベストだ。伝統的に見えて、それを感じられる現代のギター。だからPRSに特注の1本を作らないかときかれたとき、あの象徴的なアート・ワークを使ったギターにすべきだと思った。“スキッツォイド・マン”の顔がこの旅を始めさせた。いうなれば一周回ったということだね」

 

デモは下記の動画をチェック

 

 

 

 

 

SE PAUL’S GUITAR

 

SE Paul’s Guitarはトーンや多様性をはじめ、たくさんの「PRS」がつまっています。TCI”S”トレブル/ベース・ピックアップは、ピュアなヴィンテージ・サウンドを奏で、2つのミニ・トグル・スイッチにより、簡単に両方のピックアップを正確なシングルコイル・モードに変えることができます。これは、Private StockやCore製品以外で初めて作られた電子回路のスタイルです。

「SE Paul’s Guitarは、デザイン、エンジニアリング、チームワークのすばらしい一例だ。SEシリーズのなかでも、限りなくオリジナルのPRSギターに近いものを得られる。とても誇りに思うよ」

‐ポール・リード・スミス

「Modern Eagleより前のようなPaul’s Guitarは、常にポールのギター製作における最新の発見と共にあった。このギターをSEシリーズにしていくため、我々はトーンや機能性、そしてプレイ・アビリティが正確で、一貫していなければならないと考えた」チーフ・オペレーティング・オフィサーのジャック・ヒギンボーサムはこう話しています。

SE Paul’s Guitarについてのすべてのストーリーを聞いていただくために、ポールとジャックの動画を撮影しました。こちらからご覧ください。

SE Paul’s Guitarは、初期のフィニッシュを思わせる、Amber、Aqua、Fire Redの素晴らしい3色のカラー展開となります。

 

 

デモは下記の動画をチェック

 

 

 

 

SE SANTANA SINGLECUT TREM

 

SE Santana Singlecut Tremは、サンタナの限定Private Stockであるgold leafに敬意を表し作られました。カルロスがステージで演奏し使い込まれたgold leafを型取りし、この特別なギターのSEバージョン製作が始まったのは、サンタナが2018 Paul’s GuitarのTCIピックアップの音を聞いたころでした。このトーンに感銘を受け、サンタナはこのピックアップのコイル・タップを除いたものをリクエストし、そこからTCI”S”ピックアップが誕生しました。スペシャル・モデルのフル・レンジ・トーンの獲得を求めて、サンタナとポールは、サンタナが個人的に所有する楽器と向き合い、goldleaf Singlecutを選びました。さらに追加した特徴として、伝統的なサンタナ/PRSコンビネーションである24.5インチスケール、24フレット、トレモロ・ブリッジがあります。SE Santana Singlecut Tremは、ショート・スケール・ギターの快適さをもって、2オクターブを出すことができます。

「PRSについていつも思うのは、完全無欠ということだよ!ケースから出してみたらもう、このギターは見た目も感触もすばらしい。だが私にとってはあらゆる音とともに飛び立たせてくれるサウンド、レゾナンス、振動のことを言っているんだ。SE Santana Singlecut Tremには、パワーと鮮明さを出せるレンジと普遍的なトーンがある。自分の心の中にある音楽に合った、独自の音を見つけられる。何年も前にこのすばらしいギターをPRS SEシリーズに加えるスタートを手伝えたことを光栄に思うよ。このすばらしいギターで、翼を広げ、自分自身の音を見つけてくれることを歓迎するよ!」

‐カルロス・サンタナ

 

 

 

 

 

 

Facebook
Tweet
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ