MT 15

Lunchbox Hero

「ワッテージの低いアンプが欲しいと思っていたんだ。幅広いトーンと機能を小さな箱に詰め込むのは、ひとつの挑戦だったね。実現方法が見つかった時は、みんなぶっ飛んでたよ。持ち出し用のアンプとして最高の1台になるだろうね。全部のノブをセンター位置に合わせたサウンドは、もう本当に最高だよ。」- Mark Tremonti

 

MT 15は、トーンのアグレッシブさと明瞭度とのバランスがとれた2チャンネル仕様、威風堂々のアンプ。パワー管に6L6を採用したビッグで太いサウンドで、ヘヴィなリフから歌い上げるようなリード・トーンまで幅広く対応できます。レコーディングやトレーニング、ソングライティング、小規模スペースでのプレイなど、様々なシチュエーションで威力を発揮します。

 

MT 15の開発は当初、ヘヴィ寄りのプレイヤーを想定していましたが、結果として幅広いスタイルのプレイヤーに適したアンプに仕上がりました。PRS Archonアンプと同様、MT 15もマスターの前段に5段階のゲイン・ステージを採用し、フルボディの濃密な歪みを実現。ゲイン・チャンネルはビッグでダーティかつマッシブでタイトなローエンドのトーンながらも、明瞭でリード・トーン向きのサウンドです。クリーン・チャンネルは煌めくようなブライトさがあり、コード・プレイやフィンガースタイルにも適したサウンドで、ピックの使用/不使用を問わず、クリアなトーンです。また、クリーン・チャンネルではプッシュ/プル・ブーストでわずかなオーバードライブがかかり、オールドスクールなクランチ・トーンにも対応可能。トーンの設定を問わず、MT 15ならスウィートでスムーズなバランスの取れたサウンドを引き出せます。

 

リアパネルにはエフェクト・ループ端子のほか、バイアス調整ジャックも備え、高いサービス性も備えています。15Wという低出力にもかかわらず、MT 15のサウンドは50W並みですので、ハーフ・パワー・スイッチで出力を7Wに半減させることも可能。多彩な機能、ビッグなサウンド、パワフルなアンプ回路を搭載したMT 15は、まさに強烈に印象的なランチボックス・ヒーローです。

 

MT 15はMark Tremonti初のシグネチャー・アンプです。

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

SPECIFICATIONS

 GENERAL

Available Configurations : Head

 ELECTRONICS

Wattage : 15/7 (Switchable)

 FRONT PANEL CONTROLS

Lead Channel : Master Volume, Bass, Middle, Treble, Gain
Clean Channel : Bass, Middle, Volume, Treble (with pull boost)
Global Controls     : Presence

 BACK PANEL FEATURES

Inlet : Fused Power Inlet (IEC)
Effects Loop : Series, Tube Driven
Bias : Fixed Bias, Adjustable (bias jacks accessible from back panel)
Extension Speaker Jacks : 3
Ohm Switching : (2) 8 ohm, (1) 16 ohm
Channels : Lead & Clean

 TUBES

Power Tubes : (2) 5881
Preamp Tubes : (6) JJ EC83S

 PREAMP TUBE POSITIONS & FUNCTIONS

V1 : Input
V2 : Clean
V3 & V4 : Lead
V5: Loop
V6 : Phase Inverter

 MEASUREMENTS

Amp Width : 14"
Amp Depth : 9"
Amp Height : 10" (with feet)
Amp Weight : 17.8 lbs

 ACCESSORIES

Included Accessories : 1-Button Footswitch (Channel Gain/Clean), Amp Cover