SE MARK HOLCOMB SVN

1/5

Signature Seven String

SE Mark Holcomb SVNは、PRSラインナップの中でも独自のポジションを占め、そのクセになるほどの高いプレイアビリティの背後には、24フレット、26.5インチ・スケール、20インチRのエボニー指板ワイド・シン・サテン・メイプル・ネックという他では見られないユニークなスペックがあります。HolcombシグネチャーのSeymour Duncan Alpha and Omega7弦ピックアップにより、洗練されたコード・ワークでもソロでも、バンドでもソロでも常に適正な出力とクリアなトーンでプレイできます。また、ブラック仕上げのハードウェア、3ウェイ・ブレード・ピックアップ・スイッチ、プッシュ/プル・トーン・ノブ(コイル・スプリット)といったスペックに、ボディトップはキルテッド・メイプルまたはウォルナットが選べます。さらに、ピックアップはコイルタップも可能で、ブリッジは裏通し可能なプレートスタイルの7弦ブリッジを装備しています。

 

「SE SVNはSE 6弦(SE Mark Holcomb)の完璧なカウンターパートで、Peripheryのライブでは絶対に欠かせないギターなんだ。アグレッシブさを押し出したデザインだけど、コアになるスペックはクリーンも中間的なゲインにセットしたトーンでもうまく鳴るようにできている。SE Mark Holcombをプレイしたことがある人なら、SE SVNでそれ以上のことができるよ。」 - Mark Holcomb, Periphery

SPECIFICATIONS

 BODY

Body Construction : Solidbody
Top Wood : Maple with Flame Maple or Satin Walnut Veneer
Back Wood : Mahogany
Top Carve : Shallow Violin

 NECK

Number of Frets : 24
Scale Length : 26.5”
Neck Wood : Maple w/ Satin Finish
Neck Construction : Multi-Ply
Truss Rod : PRS Double-Acting
Neck Shape : Wide Thin
Neck Depth At The Nut : 13/16"
Width Of Fretboard At The Nut : 1 11/16"
Width Of Fretboard At The Body : 2 1/4"
Fretboard Wood : Bound Ebony
Fretboard Radius : 20”
Fretboard Inlay : Birds
Headstock Logo : Signature "SE", Decal

 NECK/BODY ASSEMBLE

Neck/Body Assemble Type : Set

 HARDWARE

Bridge : PRS Plate Style (String Through)
Tuners : PRS Designed Tuners
Hardware Type : Black
Nut : PRS
Truss Rod Cover : "Mark Holcomb"

 ELECTRONICS

Treble Pickup : Mark Holcomb Signature Seymour Duncan “Omega”

Middle Pickup    
Bass Pickup : Mark Holcomb Signature Seymour Duncan “Alpha”

 

Controls : Volume and Push/Pull Tone Control with 3-Way Blade Switch

 

Pickup Switch Positions

 ADDITIONAL INFO

Strings : 10-64
Tuning : Standard (7 String): B, E, A, D, G, B, E
Case : Gigbag

CONTROLS

se_markholcomb_svn_controls.webp

COLORS

svn_holcomb_burst.jpg

Holcomb Burst

svn_natural_satin.jpg

Natural satin

PRS SE Factory Tour

"2022年、インドネシアにて新しくPRS SEエレクトリックギター専用のファクトリーが稼働を開始しました。
ファクトリーの中で、PRSのSE エレクトリックギターがどのように製造されているかご覧ください。
そして皆さんがPRS SEギターを手にしたとき、私達がそのギターに詰め込んだ技術や情熱を感じて、聴いて、見てもらえたら光栄です。"

- Jack Higginbotham (PRS’s Chief Operating Officer)