SE T40E

Solid Sitka Spruce Top | Ovangkol Back & Sides | Fishman GT1 Electronics

PRODUCTS  /  ACOUSTIC   /  SE ACOUSTIC  /  SE T40E

PRS Custom 22

PRS SE T40Eはバックとサイドにオバンコール、トップにスプルース単板を採用し、太く、濃密なトーンが特徴です。トップの振動をより自由にするPRS独自の"X"/クラシカル・ハイブリッド・ブレイシングとのマッチングにより、SE T40Eのサウンドは豊かな音量と繊細なニュアンスとを両立しました。親しみやすいフィールでビッグなサウンドのTonare Grandボディ・シェイプで、ピッキングにもフィンガースタイルにも最適です。

 

ダイナミックでオーガニックなトーンのFishman GT1ピックアップ・システムを搭載し、リハーサルでもステージでも豊かなサウンドで演奏できます。ピックアップはサドルの下に、プリアンプはサウンドホールの内側にそれぞれマウントされ、簡単にボリュームやトーンを調節できます。

 

スプルース単板トップのほかにも、エボニー指板とブリッジ、ボーン・ナットとサドル、そしてバード・インレイとPRSヘッドストックなども、このギターのクオリティの高さを物語っています。また、すべてのPRS SEアコースティックには高品質ハードシェル・ケースを付属しています。

太く、濃密なボイス

SE T40E
SE T40E
SE T40E
SE T40E
SE T40E
SE T40E
SE T40E
SE T40E
SE T40E
SE T40E
SE T40E
SE T40E

BODY

Top Wood Solid Sitoka Spruce

Middle Wood Ovangkol

Back Wood Ovangkol

Body Shape Tonare Grand

Body Depth at Neck Block 3 19/32"

Body Depth at Tail Block 4 3/8"

Bracing PRS Hybrid “X”/Classical Bracing

Body Purfling Tiger Acrylic

Body Binding Cream

Rosette Tiger Acrylic, Cream/Black

NECK

Number of Frets 20

Scale Length 25.3"

Neck Wood Mahogany

Neck Shape Wide Fat

String Spacing 2 7/32"

Fretboard Wood Ebony

Fretboard Inlay Birds

Fretboard Radius 11.81"

Strength/Truss Rod Adjustable

Neck Depth At The Nut 7/8”

Width of Fretboard at the Body 2 9/32"

Width of Fretboard at the Nut 1 11/16"

Nut Bone

HARDWARE

Bridge Wood Ebony

Tuners PRS - Designed

Acoustic Saddle Bone

Strings 12-53

Included Accessories PRS Hardshell Case

ELECTRONICS

Acoustic Electronics Fishman GT1

SPECIFICATIONS

デザイン&ビルド・フィロソフィ

PRS SEアコースティックは、ギター作りの歴史から培われたセオリーやメソッド、そしてPRS Private Stockアコースティックの製作から得られた数々の手法─ボディ・シェイプの選択、木材のペアリング、ブレイシング・スタイルなど─を融合しています。他では味わえないサウンド、PRSならではの高いプレイアビリティの高品質ギターをお届けするため、これらの各種設計セオリーを投入しています。

Body Shape
Body Shape

アコースティック・ギターのボディ・シェイプは、そのルックスのみならず、サウンドやフィールにも影響します。PRS SEアコースティックには、Angelus CutawayとTonare Grandの2種類のシェイプがあり、Angelusには「Angel(エンジェル)」、Tonareには「Thunder(雷)」の意味があります。この2タイプはいずれも、弾き心地の良さはもちろんのこと、ピックにもフィンガースタイルにも適しているという特徴があります。

Bracing Styles
Bracing Styles

アコースティック・ギターのブレイシング・パターンで、そのサウンドは決まります。PRS SEアコースティックには、トラディショナル「X」ブレイシングと、PRS独自の「X/Classical」ハイブリッドの2種類があります。トラディショナル「X」ブレイシングは弦振動を安定的にトップ・ウッドに伝え、独特の迫力あるサウンドが特徴的です。また、PRSハイブリッド・ブレイシングではサウンドホール付近ではトラディショナル「X」ブレイシング、そこから周辺に向けてはクラシカルなファン・ブレイシングという、2種類のパターンを組み合わせています。これによりトップ・ウッドの振動がより自由になり、ヌケの良いサウンドになります。どちらのボディ・シェイプでもバック・ブレイシングの形状には、バックやサイドの振動をトップに伝える「ロック・ダウン」タイプを採用し、ユニークなサウンドを実現しています。

Back & Side
Back & Side

アコースティック・ギターのバックやサイド・ウッドの選定により、ギターの基本的なトーンが決まります。PRS SEアコースティックでは、マホガニー、オバンコール、メイプルを使用しています。これらの材はトップ・ウッドのシトカ・スプルースとの組み合わせにより、それぞれ独特のサウンドを醸し出します。これらの材のチョイスに加え、ボディ形状、ブレイシング・スタイルによりギター全体のトーンが大きく形作られます。

Bone Nut & Saddle
Bone Nut & Saddle

弦楽器では、弦に触れるあらゆるものが弦振動を損なわせます。PRSでは、弦のサステインやレスポンスを可能なかぎり損なわないように、弦に接するパーツの設計に細心の注意を払っています。すべてのPRS SEアコースティックではボーン製のナットとサドルを採用しているのも、そうした理由があるためです。

Fishman Electronics
Fishman Electronics

PRS SEアコースティックでは、サドル下にピックアップをマウントし、ボリュームやトーンの操作性を考慮してサウンドホールにプリアンプを配置したFishman GT1エレクトロニクス・システムを採用しています。このシステムにより、リハーサルからステージ本番でも音質の再調整が簡単に行えるダイナミックでオーガニックなトーンを実現しています。

Product Name Guide
Product Name Guide

PRS SEアコースティックの製品名はボディ形状、ブレイシング、木材のコンビネーション、エレクトロニクスの有無で構成されています。上図は製品名の各文字の意味を示したものです。

AVAILABLE COLORS

se_t40e_natural_1.jpg

Natural

se_t40e_tobacco_sunburst.jpg

Tobacco Burst