top of page

SE ZACH MYERS

1/7

SE Zach Myersには、多くのギタリストを虜にする魅力が詰まっています。
チェンバード構造のマホガニーボディ&シングルFホールの組み合わせは、密度の高いミッドレンジを生み出し、このモデルの大きな特徴でもあるサテンフィニッシュになっているネックは、高いプレイヤビリティの一役を担っています。
そして、22フレット、24.594インチ・スケールを採用し、PRSアジャスタブル・ストップテール・ブリッジ、ヴィンテージスタイル・チューナー、245"S"ピックアップ、2ヴォリューム/2トーン・コントロールノブ、3wayトグル・スイッチが搭載されています。
245"S"ピックアップは、クリアーな高音域とパワフルな低音域と共にパンチの効いた輪郭のあるサウンドを生み出します。

「若いころ、Private Stockがずっと欲しかったんです。でも買う余裕はありませんでした。ポールにSE Zach Myersは僕にその当時の気持ちを思い出させてくれたって伝えた時、彼は笑っていましたが、僕の気持ちを分かってくれました。手ごろな価格帯で高い製品クオリティを可能にしたSEシリーズのラインナップには素晴らしいギターばかりが揃っていますが、その中でも際立つギターを作ることが、SE Zach Myersの目標でした。そして、このギターは価格を抜きにしても、今マーケットの中に存在する素晴らしいギターのひとつだと思いますし、演奏するジャンルやレベルに関わらず、満足してもらえるギターです。」 -Zach Myers

アルバムトータスセールス600万枚以上のセールスを誇るロックバンドShinedownのリードギタリストである、ザック・マイヤーズは、15歳の時にPRSのCustom 22を手にしました。そして、2010年自身初となるSEシグネチャーモデルを発表。
ステージでの演奏経験やバンド・テックの経験を通じてマイヤーズはギターの知識を深め、自分自身の中で理想とするギター像を形作っていき、このSE Zach Myersが誕生しました。

SPECIFICATIONS

 BODY

Body Construction : Semi-Hollow Body with Single F-Hole
Veneer : Flame Maple
Top Wood : Maple
Back Wood : Mahogany
Top Carve : Shallow Violin

 NECK

Number of Frets : 22
Scale Length : 24.594”
Neck Wood : Mahogany with Satin Finish
Neck Construction : Multi-Ply
Truss Rod : PRS Double-Acting
Neck Shape : Wide Fat
Fretboard Wood : Rosewood
Fretboard Radius : 10”
Fretboard Inlay : Birds
Headstock Logo : Signature “SE”

 NECK/BODY ASSEMBLE

Neck/Body Assembly Type : Set

 HARDWARE

Bridge : PRS Adjustable Stoptail
Tuners : Vintage-Style
Hardware Type : Nickel
Nut : PRS
Truss Rod Cover : “Zach Myers”

 ELECTRONICS

Treble Pickups : 245 “S”

Bass Pickups : 245 “S”

Controls : Volume and Tone Controls for Each Pickup and 3-Way Toggle Pickup Switch on Upper Bout

 ADDITIONAL INFO

Strings : PRS Classic 9-42
Tuning : Standard (6-String): E, A, D, G, B, E
Case : Gig Bag

COLORS

Myers Blue.jpg

Myers Blue

PRS SE Factory Tour

"2022年、インドネシアにて新しくPRS SEエレクトリックギター専用のファクトリーが稼働を開始しました。
ファクトリーの中で、PRSのSE エレクトリックギターがどのように製造されているかご覧ください。
そして皆さんがPRS SEギターを手にしたとき、私達がそのギターに詰め込んだ技術や情熱を感じて、聴いて、見てもらえたら光栄です。"

- Jack Higginbotham (PRS’s Chief Operating Officer)

bottom of page