top of page

INSIDE PRS  /  HISTORY

PRS 35年の軌跡:A TIMELINE

1981

コンペンセイテッド・ナット

(補正ナット)特許取得

1981

PRS ギター ポールリードスミス

トレモロの特許取得


1984

フレット付き弦楽器のナット後端部での演奏ピッチが不正確になるという古くからある問題に対処するため、Paul Reed Smithが指板全域でイントネーション(ピッチの正確さ)を向上させるコンペンセイテッド・ナット(補正ナット)を発明しました。

PRS ギター トレモロ 特許取得

トレモロ・アーム使用後のチューニングの安定性についてCarlos Santanaからの要望を受け、Paul Reed SmithはJohn Mannの助力を得て現在のPRSトレモロ・システム(特許取得)の開発をスタートしました。

PRS ギター プロトタイプ

1984年、Paulは2本のプロトタイプ(写真)を手にしてアメリカ東海岸のギター・ディーラーへ売り込むツアーに出ました。このツアーで大手楽器店のSam Ashが最初のオーダーとして30本を注文し、その後のPRS Guitars運営上の安定した支えとなりました。

初の受注
 

1984

PRS ギター 事業開始

ごくわずかのギターで1985年1月のNAMMショーに出展後、メリーランド州アナポリスに戻ったPaulはPRSバージニア・アベニューの工房に移りました。そこで4ヶ月間、15人にも満たない少人数で20本のシリアルナンバーの入っていないギターを製作しました。

事業開始


1985

PRS ギター ピックアップ

PRS製ピックアップ、デビュー
 

1985

製作するギターのトーンも含めて完全にオリジナルなものにするために、Paul Reed SmithがPRS Standard Treble / Bassピックアップを開発したのが1985年でした。2015年、この2つのピックアップはGuitar Player Magazineで「ピックアップ設計における33大イノベーション」に選ばれました。

PRS ギター 1000本目

1,000本目のギター

1986

ダブルアクション・トラスロッド
 

1992

シリアルナンバー入りの最初のギターがラインオフしたのは1985年8月でした。1986年6月27日、PRSは"The Night of the 1,000 Guitar Party"で製作1,000本達成を祝いました。PRS Guitarsに勢いが出始めた、ちょうどその時でした。

PRS ギター トラスロッド

1992年、PRSネックのトラスロッドはシングルアクションからダブルアクション・スタイルに変更となりました。ネックの反りとねじれを修正できるダブルアクション・トラスロッドにより、調整がより容易になっただけでなく、より安定性の高いネック製作にも役立ちました。

PRS ギター ドラゴン

Dragon I


1992

16歳当時のPaulが夢見たのは、ドラゴンのインレイがネック全体に入ったギターでした。それから20年、最初のPRS Dragonが完成しました。8,000ドルという価格は、まさに超ハイエンド、コレクターズ・アイテム級のギターでした。

PRS ギターmccarty

1993年にCustom 22を、1994年にMcCartyモデルをそれぞれ発表しました。22フレットという短めのネックによりファットでよりビンテージなトーンが得られるとPaulは確信し、McCartyモデルでは彼の師であるビンテージ・マーケットの第一人者Ted McCartyをトリビュートしました。

PRS ギター CNCマシン

CNC(コンピュータ数値制御)マシンはコンピュータ制御による切削機で、より正確で再現性の高い動作で高品質な切削を実現できる機械です。PRS Guitarsではサンディングや組み込み、品質チェックなどは手作業ですが、CNC導入によりボディやネックの切削でのヒューマン・エラーによる不良率を考慮する必要がなくなりました。

ビンテージ・マーケットに参入

(22フレット/ワイドファット)
1993/94

PRS ギター ケントアイランド

元々のバージニア・アベニュー工房が手狭になり、PRS Guitarsはチェサピーク湾の対岸にあるケント・アイランドに新社屋を建てて移転しました。2万平方フィート(約1,858m2)のスペースで、人数が増えたルシアー・チームにとってより作業のしやすい環境になりました。

ケント・アイランドへ移転
 

1996

CNCマシン導入


1995

PRS ギター プライベートストック

Private Stock発表


1996

1995年の"Guitars of the Month"プログラムに端を発して、Paul Smith、Joe Knaggsおよび少数の敏腕ルシアーのチームでミュージシャン向けにカスタム・ギターを製作するPrivate Stockプログラムをスタートしました。Private Stockチームは少数精鋭で、高価ですが買えない価格ではないベストなギター製作に常に取り組んでいます。

PRS ギター スミソニアン博物館

スミソニアン博物館群の1つである国立アメリカ歴史博物館(ワシントンDC)がアメリカのポピュラー音楽における楽器の貢献を展示する目的で10数本以上のギターを選定する際に、PRS Dragon Iがその1つに選ばれました。これはアメリカの博物館にPRSのギターが展示された最初の例となりました。

PRSギターがスミソニアン・

コレクション(ワシントンDC)に登録
1996

PRS ギター 従業員100名到達

従業員数100名に到達


1997

1990年代後半のPRS Guitarsの事業発展に伴い、100人目の従業員を採用しました。現在、PRSの従業員数は355名となり、製作や研究開発、セールス、マーケティング、アーティスト・リレーション、カスタマー・サービス、サプライ・チェイン等々、様々な重要業務にそれぞれ携わっています。

PRS ギター mccarty ハードロックカフェ

1997年、高さ65フィート(約20m)のPRS McCartyがメリーランド州ボルチモアのインナーハーバーにあるハードロック・カフェの屋上に設置されました。

PRS McCarty、

ハードロック・カフェに現る
1997